離婚したときは配偶者の要望に応じて代行部分を分割します

平成19年4月1日以降に離婚した場合に、夫婦間の合意または裁判所の決定により、婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録を一定の割合のもとに夫婦で分割できる制度です。
分割割合は、夫婦双方の保険料納付記録の合計の2分の1を上限とします。



代行部分  
国の厚生年金と同様に分割の対象となります。
分割される場合、対象となる年金記録と原資が基金から国に移換されます。

プラスアルファ部分 および 加算年金
分割の対象外となります。

ページトップへ